過去公演


第7回名古屋学生演劇祭参加作品

拝啓 雨、恋、手紙、空

2018.8.31-9.3

@名古屋 ナンジャーレ

作:木野意多

演出:石井智也

 

ーそう、その日も丁度雨だった。

 

 

出演|石井智也 藤元紗弥香 西本智博(劇団Tips)

 


京都学生演劇祭2018参加作品

楚々

2018.8.29-9.1

@京都大学吉田寮食堂

作・演出:向井里穂子

 

「僕はどうやら、生まれて初めて、恋というものに、落ちてしまったようなんです。」

そう言って彼は、彼女を食べた。

 

 

出演|田中直樹・仲村実梨・向井里穂子

 


第四回公演

核か族

2018.3.16-17

@栗東芸術文化会館さきら小ホール

作:向井里穂子

演出:高野友靖



『ねぇ、お願いよ。私はね、生まれて頂戴よ・・・!!』

ねこが死んだ。
昇る太陽をテラテラ浴びながら、あたたかいアスファルトの上で死んでいた。

私があって以外があるなら、その境界線はどこにあるのか。
扉を蹴ってあちら側には、ほんとうの世界が広がってるのか。
彼女は言う。

「ねこが死んだ。」

鳴き声は聞こえないし、興味もない。
でも、確かにねこは死んだ。
そう、知らないところで死んでいた。

女は部屋から出ない。出られない。
境界線を曖昧に溶かしながら、十月十日の"わたし"は"私"になっていく。

 

 

出演|石井智也・小田充寿・月館森・藤元紗弥香・水澤咲良・向井里穂子


第三回公演

わが町

2017.8/24-25

@栗東芸術文化会館さきら小ホール

原作:ソーントン・ワイルダー『Our Town』

翻訳:鳴海四郎

演出:高野友靖


 

ー生きている人には分からないんでしょう?

 

ニューハンプシャー州の小さな町に暮らすエミリーとジョージの出会いと結婚とそして別れ。

彼らの人生を通じて描き出される、人生を超越した時の流れと、日常の価値。

今も世界中で演じられ続ける不朽の名作に、劇団ひととせが挑む。

 

 

 出演|石井智也 田中直樹 藤元紗弥香 向井里穂子 安田智美


第二回公演

葦刈り

2016.3/22-24

@栗東芸術文化会館さきら小ホール

作:向井里穂子

演出:高野友靖


先が見えない今。

あやふやな存在の僕たち。まるで足を持たない幽霊みたいだ。

前に進まなきゃいけない、けど、進んでいるのかわからない。

 

人間は、考える葦である?

 

考えて、悩んで、苦しんでいる僕らは、葦のように根を下ろして立つことができているのだろうか。

社会に出る直前。こども以上おとな未満の今だから、僕たちだから作ることのできる舞台を。

 

 

出演|石井智也・水澤咲良・高野友靖・向井里穂子・田中直樹

 


クサハロ劇場

ハロウィンってなんだ?

2015.10.25

@草津アミカホール

作:杉原綾乃・月館森

演出:高野友靖

 


 

ー家の外にはオバケがいっぱい…!?僕はバイトを探さなきゃ…

 秋の夕方ドタバタコメディ

 

出演

イーマ・武村佳奈・月館森・廣瀬この香

 


旗揚げ公演

ひととせのはじまり

2015.4.2

@栗東芸術文化会館さきら小ホール

 

演出:高野友靖


 

 

ーさあ、どんな物語を描こうか

 

出演 

『ケーキバイキング』武村佳奈・廣瀬この香

『銀行強盗・・・?』石井智也・田中直樹・月館森

『Who am I』イーマ・まお・向井里穂子・藤元紗弥香・安田智美

『国語廃止案』高野友靖


過去活動


第三回WS

演劇交流会2017

2017.3/25-26

@生涯学習・教育支援センター(エルセンター)

@コミュニティセンターやす



第二回WS

演劇交流会

2016.8/18

@守山市民交流センター多目的ホール



『葦刈り』

クラウドファンディングプロジェクト

2015.12/30-2016.2.19



第一回WS

公開合同練習会

2015.8.16

@栗東芸術文化会館さきら練習室